column

Column de saison

冬休みに、大阪のルーヴル美術館特別展 「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」へ!

フランス・ベルギーにはバンド・デシネという、日本とは少々異なる形式を持つ漫画作品の伝統があり、9番目の芸術と呼ばれています。(時代によって諸説あるのですが、1番目から8番目まで、建築、彫刻、絵画、舞台芸術、ダンス、音楽、映画、メディア芸術という順になっています。)日本のマンガもこの9番目の芸術として、ルーブル美術館のコレクションに加えられています。

 

実はルーブル美術館のバンド・デシネ(BD)のコレクションは10年目を迎えました。ニコラ・ド・クレシー、マルク=アントワーヌ・マチュー、エリック・リベルジュ、ベルナール・イスレール、クリスティアン・デュリユー、ダヴィッド・プリュドム、エンキ・ビラル、フィリップ・デュピュイ、さらに日本人からも荒木飛呂彦と谷口ジローといった作家がこれに協力してます。松本大洋もプロジェクト参加作品を製作中とのこと。

 

ルーブル美術館コレクション10年目を記念して、いくつもの国際的な展覧会が開催されることになりました。まず台湾を皮切りに日本の5つの都市で行なわれているのですが、招聘された漫画家たちが、ルーブル美術館のイメージをテーマに特別に制作したオリジナル作品を展示するという趣向です。五十嵐大介、坂本眞一、寺田克也、ヤマザキマリなどの作品が展示されています。東京の後は、2016年12月1日(木)から2017年1月29日(日)まで、大阪はグランフロント大阪北館ナレッジキャピタル イベントラボで開催中。

 

http://www.ktv.jp/event/louvre/index.html
また大阪の後は福岡、名古屋で開催予定です。
http://manga-9art.com

le 30 decembre
cyberbloom
 

Index Actualité