column

Column de saison

フランス人に最も人気のあるフランスの町はどこか知っていますか?

2015年に行われた、フランスの国内調査(l’enquête CSA-Observatoire du bonheur) ではボルドーが「フランス人の住みたい街ランキング」の1位になりました。この幸福度調査は2年に1度行われていて、2013年パリが1位でボルドーが2位でした。もちろんボルドーは何よりもワインによって世界的に知られている町ですが、海と山の両方に近くて食べものが美味しく、ワインとのマリアージュも楽しめます。しかしそれだけではありません。21世紀に入ってからのボルドーの魅力は、適度な町の規模(人口約24万人)を持ち、快適でエコロジックな町であることです。フランス人の目にはボルドーが人間サイズの à taille humaine 理想的な町に映っているようです。

今のボルドーにはトラムが颯爽と走り、欧州で最も長い歩行者天国があり、Vcub(ヴェキュ)というレンタル自転車システムが完備しています。1995年にアラン・ジュペが市長になって(彼は次期大統領候補でもあり、保守系の重鎮です)、中心街への車の乗り入れを禁じ、トラムを復活させました。それ以前のボルドーと言えば、重工業が衰退し、活気を失う一方で、車だけが増えて、排気ガスで町の建物の壁が黒ずんでいました。フランス人が住みたいだけでなく、外国からの観光客も増え、年間で最大580万人にも達しました。ボルドーは2015年の「Best European Destinationランキング」で1位になり、ニューヨークタイムズが選んだ「52 places to go in 2016」で2位に選ばれました。

ボルドーだけでなく、今ではトラムが地方都市の顔になっていて、各都市に個性的なトラムが走っています。1994年にストラスブールでトラムが導入されてから、その動きが加速しました。先のランキングで上位に挙がっている、モンペリエ、ナント、トゥールーズにもトラムが走り、車から乗り換えた市民の足になっています。

もうひとつ付け加えなければならないのは、今年の3月にボルドーワイン博物館 La Cité du Vin de Bordeaux が開館して、ボルドーの新しいランドマークになったことです。メタリックで曲線的なデザインの近未来風の建物です。パリからボルドーへは TGV で3時間あまり。2017年からは特急専用線路が完成し、わずか2時間で来れることになります。

Bordeaux-aps-overhead-wire-transition
By No machine-readable author provided. Spsmiler assumed (based on copyright claims). [Public domain], via Wikimedia Commons

le 30 septembre 2016
cyberbloom
 

Index Actualité