column

Column de saison

フランス人と地下室

去年の11月に冷凍食品専門スーパー「Picard」(ピカール)が日本に上陸して、テレビでも取り上げられていましたが、冷凍食品専門スーパーは日本には存在しなかった新業態で、イオングループによって運営されています。フランスと冷凍食品がなかなか結び付かない人も多いでしょう。

 

ます冷凍食品と切っても切れないのがフランスの一軒家の地下室(cave)の存在です。特に地方の一軒家には必ず地下室があります。そこには、缶詰、ワイン、ビール、ミネラルウォーター6本入りパック、牛乳6本入りパック(フランスはロングライフ牛乳が主流)などが保管されています。地下室の壁を煉瓦で覆われているので、湿気もなく、涼しいので、ワインセラーとしても使えます。また日本と違ってフランスは地震の恐れがほどんどないため、自由に掘れるようです。そして、地下室には業務用の大きい冷凍庫が置かれています。その中に大量の野菜、レトルト食品、ピザ、パン、肉などを保管するのです。

 

フランスではパーティー料理のひとつとしてキッシュを作りますが、キッシュを作るのに手っ取り早く冷凍パイシートをよく使います。冷凍パイシートが常備されていれば、簡単にキッシュやタルトが作れます。去年、柳瀬久美子さんの『タルト・ソレイユとタルト・フルール』というレシピ集が話題になりましたが、あれは冷凍パイシートと大きなオーブンが普及しているフランスならではのレシピでしょう。

 

タルト・ソレイユとタルト・フルール
柳瀬 久美子
主婦と生活社
売り上げランキング: 60,721
le 20 avril 2017
cyberbloom
 

Index Actualité