column

Column de saison

フランスで青いワインが発売!

みなさん、ワインの色は赤、ロゼ、白だと思っていらっしゃいませんか?

 

この7月に、南仏エロー県 Hérault の港町セート Sète の一企業が、透明なターコイズ・ブルーのワインの販売を始めたんです!青い空と海の色を持ったこの驚くべきワインは、ヴァンディゴ Vindigo と名付けられました。もちろん着色料などを使っているわけではなく100%ナチュラルで、南スペインのアンダルシア地方で栽培された白ワイン用のブドウ品種シャルドネ Chardonnay から造られています。

 

スペインのワイン醸造家たちによって造られた白ワインは、アントシアニンを含む黒いブドウの皮を用いた工程を経て、この独特な色合いへと変化します。お味の方は、フルーティで、さくらんぼ、ブラックベリー、パッション・フルーツの味がするそうです。度数は11度とあまり強くなく、夏に食前酒やカクテルとして、浜辺やプール・サイドでいただくのにうってつけ。ご婦人にも喜ばれそうですね。

 

実はフランスで青いワインが販売されるのは初めてではないとか。2016年にはスペインのスタートアップ企業 Gïk が、チェーンストアAuchan で似たような飲料を発売したのですが、うまくいきませんでした。また「美の島」l’île de beauté の異名を持つコルシカ島 La Corse では、Imajyne と名付けられた青いワインがすでにレストランなどで供されているそうです。

 

3万5000本販売予定で、お値段は一本12ユーロから。今のところセート周辺での限定販売のようです。この7月27日の金曜日には、近隣のレストランやチェーンストアなどで試飲会が行われました。まもなくボルドーでも販売予定ですが、もしかしたら上海にもお目見えするかも、とのことです。

 

le 10 aout 2018
cyberbloom
 

Index Actualité