column

Column de saison

もうすぐバカンス!Bientôt les vacances !

日本はまだ梅雨空が続き肌寒い日すらありますが、フランスではフランス人が毎年心底、心待ちにしているバカンスが始まろうとしています。今も昔も、夏のバカンスを心から愛するフランス人の気持ちは変わらないのだな…ということをしみじみと感じさせる曲があります。御年72歳のMontyというフランス人歌手が1965年に発表したBientôt les vacancesというイエイエ(1960年代フランスで流行ったロックンロール調の音楽やディスコ調の音楽)の曲を見つけましたので訳してみましょう。

 

Laisse-moi rêver ! 夢見させておいて!
Bientôt les vacances もうすぐバカンスなんだから
Et l’été qui recommence 夏がまたやってくる
Du soleil, du ciel bleu 太陽の光と青い空
La joie d’être deux 二人でいる喜び
(…)

 

Je connais l’endroit où nous irons 僕たちが行く場所はちゃんと知っているよ
Pour cacher notre amour 僕たちの恋を隠すためのね
Dans un petit coin où il fait bon 気持ちのよい、ちょっとした穴場で
Dès que reviennent les beaux jours お天気の良い日々がまたやってきたらすぐにね

 

Laisse-moi rêver ! 夢見させておいて!
Bientôt d’une plage もうすぐ浜辺で
Sous un ciel sans nuages 雲ひとつない空の下
De la mer à nos pieds 僕たちの足元には海が
Qui vient nous bercer 僕たちを優しく揺らしに来てくれる

 

Laisse-moi rêver ! 夢見させておいて!
Bientôt les vacances もうすぐバカンス
Plus ça va, plus j’y pense 近づくほどに、そのことを考える
Ouais, partout va briller そう、いたるところ輝く
Le soleil d’été 夏の太陽

 

なんてお気楽な歌でしょう!やはりバカンスに恋は付き物。フランス人にとって1人ぼっちのバカンスなんてありえないのですね。歌の中に un petit coin(穴場)という表現が出てきますが、これはバカンスととても相性の良い言葉のようです。例えば辞書を引くと、J’ai trouve un joli petit coin pour passer les vacances.(ヴァカンスを過ごすためのいい穴場を私は見つけた)という例文が出てきます。最近日本語でいう「隠れ家的」なニュアンスもあるのでしょうか。

 

またその1年前の1964年にはイエイエ系の代表格、フランス・ギャルの’ Mes premieres vraies vacances’ (私の初めての本当のバカンス)という歌が出ています。内容は両親のいない初めてのバカンスへの期待が歌われています。女の子にとって家族と過ごすバカンスは本当のバカンスではありません。もちろん、男の子との出会いを夢見ているわけです。

France Gall – Mes premieres vraies vacances(1964)

Monty – Bientôt les vacances(1965)

le 25 juin 2015
cyberbloom
 

Index Actualité