column

Column de saison

「泳げるセーヌ川」の復活

先日、IOCの総会でパリが、2024年の夏季五輪・パラリンピック開催地に決まりました。ビーチバレーはエッフェル塔、馬術はベルサイユ宮殿、フェンシングとテコンドーはグラン・パレなど、パリのモニュメントを活用した競技会場も明らかになりましたが、パリを流れるセーヌ川ではトライアスロンと水泳競技が予定されています。「え、セーヌ川で泳げるの?」と思う人もいるかもしれませんが、近年、浄水施設の整備などにより、セーヌ川の水質は改善しており、パリ市は五輪開催を機に「泳げるセーヌ川」の復活をもくろんでいます。

 

セーヌ川は1923年、水質汚染のせいで遊泳が禁止されました。前回のパリ五輪の前年のことです。今でも違反者には15ユーロの罰金が科せられます。セーヌ川は東部ブルゴーニュ地方を源流とし、パリを通ってルアーブルで英仏海峡に注ぎますが、下流のノルマンディ地方では20世紀の半ばまで人々は普通にセーヌ川で泳いでいたようで、映像記録にも残っています。

 

パリ市は今年、パリ・プラージュの時期に、セーヌ川とつながる市内の運河(正確にはサンマルタン運河とウルク運河との間にあるヴィレット貯水池)に40センチ、1.2メートル、2メートルと、深さが違う3つのプールを設営し、子どもから大人まで、多くの市民が利用しました。まずはセーヌ川で泳ぐための前段階といったところでしょうか。セーヌ川で泳げるようになると、夏のパリ・プラージュはいっそう華やぐことになるでしょう。もうパリの外にバカンスにでかける必要がなくなりますね。

 

Paris plage 3.jpg
By slasher-fun (Transfered by Gonioul/Original uploaded by PeterEastern) – Flickr (Original uploaded on en.wikipedia), CC 表示-継承 3.0, Link

le 10 septembre 2017
cyberbloom
 

Index Actualité